障がい者雇用を支援して27年。
業界のパイオニアとして豊かな
社会の実現をめざしています
ともに成長しよう!
ともに成長しよう!
リクルーティングメニュー
私にとってイフは・・・
努力と責任感を重視する会社

男女の区別なく、努力や責任感を評価。
フラットな環境で仕事に取り組める

2017年4月 新卒入社
情報系営業職S.A.

1年目は上司や先輩に同行し、目の前の仕事をこなすだけで精いっぱいでした。仕事を俯瞰できるようになったのは、2年目に入ってから。素直にお客様の声を聞くこと、積極的に求職者の悩みを聞いて回ること。この2つを心がけるうちに、徐々に自分ならではの提案ができるようになり、お客様と信頼関係を築いていくことができました。
現在の仕事内容

お客様の課題をヒアリングし、その解決に向けて最適な手段を提案しています。イフには、就職情報サイトや情報誌、合同企業面談会など多彩な障がい者採用支援メディアがあります。これらを最大限、お客様に活用いただくためには、お客様と同じ目線に立って考え抜く姿勢が重要だと考えています。その姿勢がお客様との信頼関係につながるはずです。

入社の動機

臨床心理学を学んでいた大学時代、福祉施設での実習に参加して、障がい者の方々と接する機会がありました。その経験から、障がい者の方々がもっと生き生きと生活するために、自分の力を役立てたいと思うようになりました。人生の可能性を広げ、障がい者のあり方を変えるイフの事業は、まさに私の目標に一致しています。また少数精鋭で、男女区別なく、たくさんのチャンスを与えてくれる環境も魅力的でした。

これからの目標

営業職に携わっている以上、やはり成果を出すことは重要です。個々が責任をもって臨む一方、もし新入社員が壁に当たったときは、先輩が全力でサポートします。社員はみんなで育てていく。それがイフのDNAといえるかもしれません。現在はチーフ職を任され、後輩をサポートする立場になりました。一人ひとりの良い点を成果に結びつけるため、全力で支えようと決めています。

ある1日のスケジュール

09:00出社/ミーティング
10:00営業電話
12:00昼食
13:00お客様訪問
18:00帰社/事務作業
20:00帰宅

OFFのわたし

一人の時間も、みんなの時間も大事

一人で過ごすときは、ピアノの練習。みんなで遊ぶときは、友人たちとスキューバダイビングやパラグライダーなどもやります。どちらの時間も、仕事から頭を切り替えて満喫しています。

メッセージ一覧へ
 | 次のメッセージを見る
ページトップ