障がい者雇用を支援して27年。
業界のパイオニアとして豊かな
社会の実現をめざしています
ともに成長しよう!
ともに成長しよう!
リクルーティングメニュー
私にとってイフは・・・
成長の手応えを感じられる会社

新卒研修での手厚いサポートから、
社員の成長を信じるイフの想いを実感

2018年4月 新卒入社
情報系営業職Y.I.

約一カ月にわたる新入社員研修では、障がい者雇用市場、イフが扱うサービスなど、これからの仕事に必要な知識を学びます。また、名刺の渡し方や言葉遣いなど、ビジネスマナーを習得することもできます。座学からOJTまで多様なプログラムが用意されており、社員育成の面においても、一人ひとりの可能性を信じるイフの姿勢は変わらないと実感しました。
現在の仕事内容

障がい者雇用に関するお客様の悩みに応えることが、私たちの仕事。さまざまな企業に障がい者採用支援メディアの提案を行っています。入社当初は、社会人としての責任を意識するあまり、お客様と上手く接することができませんでした。その壁を乗り越えることができたのは、先輩のアドバイスのおかげです。うわべのトークマニュアルではなく、なぜお客様にその言葉を伝えるのか、深い理由まで丁寧に教えてくれました。

入社の動機

大学のゼミでは「企業の社会貢献」を研究していました。障がい者雇用という大きな社会課題に取り組むイフで、学生時代の研究を実践に移したいと考えたことが、志望の理由です。会社説明会のときに聞いた社長の講演で、この道を進む決意が固まりました。社長の熱意に満ちた言葉から、27年以上業界を牽引してきたイフの想いが本物であると確信できたからです。

これからの目標

イフが開催する合同企業面談会では、求職者と直接お話しすることもあります。私のアドバイスが、エントリーに迷う求職者の助けになったことがあり、その感動は忘れられません。人の未来に深く関わる仕事をしているのだと、改めて実感しました。多くのお客様にイフのメディアをご利用いただき、企業と求職者の架け橋になっていけたらと思います。

ある1日のスケジュール

09:00メールチェック/見積作成
10:00お客様訪問/課題をヒアリング
12:30昼食
13:00お客様訪問/原稿改善を提案
15:00帰社/営業電話
18:00事務作業/Web掲載の申請書作成
19:00合同企業説明会に向けての勉強会
20:00帰宅

OFFのわたし

一眼レフ、はじめました

関西から引っ越してきたので、東京の街には興味津々。最近、貯めたお給料で一眼レフカメラを購入しました。東京を散策しながら、いろいろな観光スポットでシャッターを切っています。

メッセージ一覧へ
 | 次のメッセージを見る
ページトップ