障がい者雇用を支援して28年。
業界のパイオニアとして豊かな
社会の実現をめざしています

事業領域BUSINESS FIELD

共育・協働

『共育『協働を実現するための
ビジネスフィールド

『人』と『社会』、『人』と『企業』の『共育』『協働』を実現するため、
「イフならでは」のリソースを活かして、付加価値の高い3つの事業を展開しています。

キャリア支援事業

「働くこと」「キャリア形成」を理解し行動するために。
障がい学生の就職活動や大学へのキャリア教育を支援

キャリアガイダンスレポート

|日本大学文理学部 就職指導課 課長

日本大学文理学部 就職指導課 課長 橋本 悟さん
学生や採用担当者と信頼関係を築き、独自の就職支援を実践
日本大学文理学部 就職指導課 課長 橋本 悟さん

●学生との共同作業による就職支援を実施

日本大学では学部ごとの就職指導課が、キャリア教育や就職支援を行っています。文理学部の就職支援における特徴の一つとして、学生との共同作業によって支援をすすめていくという点があります。
就職指導課と内定を獲得した4年生が協力しながら、3年生に対して就職活動に関する様々な支援を行っています。例えば、4年生が自分の就職活動を演劇風に再現する「就職活動再現講座」です。これはOB訪問や面接、説明会をステージで再現することで就職活動のイメージができると好評です。他にも“この1冊で就職活動のすべてがわかる”をテーマにした「ジョブガイド」では、学生等に取材をして、就職指導課員が編集を手掛け作成しています。
自分と近い先輩の体験を豊富に盛り込んだ就職支援プログラムを提供し「就職力の向上」を図っています。

●キャリアガイダンスを契機に積極的に情報を提供

障がいをお持ちの学生の支援として、これまでは個別の面談を通して本人の不安の解消や情報提供を行っていましたが、本学部の場合、障がいをお持ちの学生も教員や公務員希望者が多いこともあって、民間企業に対する知識不足という課題がありました。
こうした課題を解決するために導入したのが障がい者採用のプロによるキャリアガイダンスでした。障がいをお持ちの学生の進路の選択肢を広げるためにも、障がい者採用のしくみや企業のニーズなどを知る必要があるという考え方から開催しました。
おかげさまでキャリアガイダンスに参加した方は、就職指導課に相談に来る機会が増えるなど就職に対する意識変化が生まれています。こうした学生の積極的な姿勢に応えるため、毎年キャリアガイダンスを開催し、就職活動に有益な情報を学生に直接提供していきたいと考えています。

ページトップ